クッキーダイエットのデメリットは、1食事分が低カロリーなので、つい食べ過ぎてしまうところです。クッキーには栄養分が豊富に含まれているので、食べ過ぎると栄養を摂り過ぎることになります。クッキーは美味しくて一枚あたりのカロリーが低いので、どうしてもあと一枚なら大丈夫と思ってしまい、気がついたら全部食べてしまっているということになりかねません。カロリーの低さをしっかり把握して計算しながら食べないと失敗してしまいます。クッキーなどのお菓子が苦手な人は、食べ続けるのが難しいというデメリットもあります。ダイエットのためと割り切っていても、続けるのが難しいと、それがストレスになり、悪影響を及ぼす恐れがあります。クッキーをそのまま食べるのが苦手な人は、色々とアレンジを試みる必要があります。クッキーダイエットは、しっかりとした歯ごたえがあってダイエットするには申し分のない食材なのですが、意志が弱い人の場合、1日で挫折してしまうというデメリットもあります。一日に食べる量を自分できちんと決めることができない人にとっては、ちょっと難しいダイエット法と言えます。